Origami Kids

Origami

 

 
Top 10 - Top 10 []
 












 

紙飛行機 - Origami -


 

How to make Step by Step the Best Paper Airplanes of the World - Origami for Kids

歴史 紙で玩具をつくることが始まったのは2000年前の中国だと考えられている。そして、当時の中国で人気があった娯楽は凧である。このような事をもって、近代的な紙飛行機の証拠だと考えることができるが、発祥の地を正確に説明することはできない。紙飛行機のデザインは速度・揚力・型といった面で長い年月をかけて改善され続けてきた。

紙飛行機を製作したと分かっている最も古い年代は1909年だと言われている。しかし最も認められているのは、ジャック・ノースロップ(ロッキード社の共同設立者)が1930年につくったものである。ノースロップは現実の飛行機を飛ばすためのアイデアを発見するために、紙飛行機をテストとして使っていた。

折り紙飛行機 正方形や長方形の紙を折って作るもので、折り紙の一種である。普通は手で投げて飛ばす。古くは「トンビ」と呼ばれるものや、よく知られているものとしては滞空時間の長いへそ飛行機、まっすぐ遠くへ飛ぶやり飛行機や、ゆっくりと飛ぶイカ飛行機、宙返りが得意なツバメ飛行機などがある。

いずれのタイプの飛行機でも、正確で強くて真っ直ぐな中心線をつくることが大切である。これは左右のバランスを取り直進性を高めるのが目的である(当然以降の折り方は左右対称で行われなければならない)。多くの飛行機では、次に機首側を三角形にして折り込んでいく。これは重心を前寄りにするためである。一般に機首が上がれば揚力が大きく、下がれば小さくなるため、重心を空力中心のやや前方にすれば迎え角を自動的に調整する効果が期待できる。充分な面積を持つ、ゆがみのない翼をつくり、空中で水平に広がる角度に調整できていれば、途中どのような折り方をしても紙飛行機は何とか飛ぶことが期待される。

広島県福山市には紙飛行機を展示してある「紙ヒコーキ博物館」という博物館がある。ここでは、約800種類の紙で作った色とりどりの紙飛行機がある。毎週土曜日しか開館していないが、専門家が在館しており、良く飛ぶ折り紙ヒコーキを教えてくれる。また、同県神石高原町には「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」があり、自由に空高く飛ばすことが出来る。

紙飛行機かペーパーボートを作るのを好めばOrigami-Kids.com を愛する。紙飛行機およびペーパーボートの複数のモデルを作るここに、自由な指示及び図表を総に見つける。

ORIGAMI-KIDS.COM は次の部門で分類される紙飛行機およびペーパー船のほぼ50 のモデルを提供する: グライダー、ハンター、渦、Origami 3D 転落、ペーパー船およびニュース。また含んでいる各設計のための有用な飛行先端をある。はさみ、接着剤、またはテープは要求しなかった。 折る方法, 飛ぶ方法 と 先端及び飛行技術

 

 


 

カテゴリ []

Video Airplanes
Airplanes Video Gallery


More Paper Airplanes
[Videos][Photos]


Origami Box [Videos][Photos]
Origami Dragon [Videos][Photos]


 
We need your Help!
If you liked our Website, Please support us, sharing it on Social Networks! Thanks!
 


 


 


counter gratisGoogle Pagerank Service, Link Exchange, Free Seo Services, More Website Traffic and Seo Webmaster Tool!
[e-mail][Links eXchange] [Google]

contatore visitewebsite counter

Copyright 2007-2020 all rights reserved www.origami-kids.com


紙飛行機 | ボート折り紙
corner







TOPlist chatspass

Pagerank Anzeige